著者
大石 栄恵
出版者
The Japan Society of Home Economics
雑誌
家政学雑誌 (ISSN:04499069)
巻号頁・発行日
vol.27, no.8, pp.566-568, 1976-12-20 (Released:2010-03-10)
参考文献数
7

7品種のりんごの香気成分をヘッドスペースガスクロマトグラフィによって調べ, 品種によるにおいの特徴について検討した. 各品種に比較的多く含まれている成分は次のとおりである. ゴールデンデリシャスはエチルアセテートとn-ブチルアルコール, レッドゴールドはかブチルアルコール, デリシャスはプロピルアセテート, スターキングはイソアミルアルコール, 紅玉はn-ブチルアルコール, イソアミルアルコール, イソアミル-n-ブチレート, 印度はアセトアルデヒド, 陸奥はn-ブチルアルコール, イソアミル-n-ブチレートであった. 品種によるにおいの特徴はある特定の物質によるのではなく, 成分比の違いによるらしい.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 9 favorites)

このデータは「リンゴのような香り」をエビデンスをもって細分化するのに役立つかもしれない。 カプエチの他にアセトアルデヒドが多ければ「印度」品種、イソアミルアルコールが多ければ「スターキング」品種、的な。 細かすぎて伝わらないかもだ… https://t.co/BmTBOrPElE

収集済み URL リスト