著者
中野 政尚 國分 祐司 武石 稔
出版者
日本保健物理学会
雑誌
保健物理 (ISSN:03676110)
巻号頁・発行日
vol.44, no.1, pp.60-65, 2009 (Released:2010-10-08)
参考文献数
15

The tritium concentrations in seawater collected around the Tokai Reprpcessing Plant (TRP) were measured for 10,800 samples in 30 years from 1978. The tritium concentration, dillution factor and diffusion situation were investigated. As a result, the tritium was occationaly detected due to the discharge from TRP. But it was considered to be the result of expected diffusion assumed in the safety assessment. It was confirmed that the tritium concentration was much lower than the concentration limit defined in the law and that it was not concern of environmental safety.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (28 users, 29 posts, 15 favorites)

9700兆Bq は2022年運転開始予定の六ヶ所再処理工場が年間800t処理した場合の海洋放出計画 https://t.co/rrB930XWlE 06~08年試運転で425t処理 約5000兆Bq放出 東海再処理工場77~07年… https://t.co/yjYSLLXhhr
本当です 福島汚染水廃棄を進めたい議員のツイを通じ、初めて知りました https://t.co/O02aNDfeZN 各原発会社のHPを検索すると排出量が記載されています。報道されないので周知されないだけ。薄めればいいと言う考… https://t.co/hGbGinWYnp
#ss954 そもそも、原子力関係の「トリチュウム」って、311全く平穏な時代(時代によって発見等あり対応が変わるが、311直前、2000年辺、トリチュウムは、どうしていたのか?世界、日本は?今一良く解らん。薄め流したとか?流さ… https://t.co/Qym6kcCBS4
@hiyo_unnatural 新 https://t.co/KTBwIVhTpR ↑ https://t.co/7CbknrqM2X 旧 https://t.co/hj6I2Uf2FO… https://t.co/wfTafnua8a
そのため、世界各地で調査が行われている。 こちらは古いレポートだが、東海再処理施設の報告例。 https://t.co/qGDucw5JQq 処理水も、いずれは計画放出の枠に組み込んでいかなければならない。 計画放出の基準は大き… https://t.co/703s2hNrAN
通常の原子炉から出たものはこれまでも海洋放出はしている(トリチウムを含んだ水)。 https://t.co/AerR0PelGy #ss954
慎重に検討され、計画され、管理され、監視されていれば、環境中での環境による希釈というのも方法としてはありと思いますが。 https://t.co/2crQO8aAuL https://t.co/BwSC5aUoOJ
東海再処理施設から海洋放出されたトリチウムの海水中濃度及び拡散状況(保健物理, 44 (1), 60~ 65 (2009)) https://t.co/5ylY1c2MdN

収集済み URL リスト