著者
谷村 嘉彦 富田 純平 吉富 寛 吉澤 道夫 箱崎 亮三 高橋 荘平
出版者
日本保健物理学会
雑誌
保健物理 (ISSN:03676110)
巻号頁・発行日
vol.51, no.3, pp.141-146, 2016 (Released:2016-11-18)
参考文献数
10

Photon spectra were measured inside and outside a house in Minami-Soma city by using a NaI(Tl) scintillation spectrometer. The photons were categorized into three groups according to their energy. The groups were (1) scattered photons, which include low energy photons, (2) direct photons from 134Cs and 137Cs sources and (3) the other photons. Then the ratios of the ambient dose equivalents H*(10) of the scattered photons to those of the direct photons from the 134Cs and 137Cs sources have been evaluated from the measured photon spectra. The ratios are high inside the house compared with those out of the house. It was found that the scattered photons contribute to the H*(10) by more than 50% inside the house. The ambient dose equivalent average energies of the scattered photons are around 0.25 MeV both inside and outside the house. These data is worthwhile to design the optimum shielding for the protection against the public radiation exposure.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 10 posts, 0 favorites)

屋内の方が屋外と比べて 散乱線(低エネルギー成分)が多い傾向があることが明 らかになった https://t.co/27f3QN9lM5 福島周辺の家屋の内外における γ線スペクトルの評価 (2016 年 4 月 15 日受理)… https://t.co/LFR4564i3c
このため, 家屋内部の線量に寄与する主要な線源は,屋外の土壌等にあることが予想される。このため,屋内に入り,線源からの距離が遠ざかるほど線量率が減少し,散乱線が相対的に増加すると考えられる https://t.co/27f3QN9lM5
相馬市の環境中のγ線エネルギー分布はhttps://t.co/EoUNAPsiJZ (3ページ下) 上記からその平均は100kev程度。茨城ならさらに低くなります。以上から、茨城で測ったという値は、水増しされたものとなります。 結論としては、鵜呑みにしない方がいいかと。
論文(無料): 福島周辺の家屋の内外におけるγ線スペクトルの評価 https://t.co/SvxOC8Mut3  2016年、谷村(JAEA)ら。JAEAと南相馬除染研究所の共同調査。室内外での Cs の直接線と散乱線の寄与割合について。2013年の南相馬市での調査。
1 1 https://t.co/ATXZL9yngS
福島周辺の家屋の内外における γ 線スペクトルの評価 https://t.co/EZh3RsabNl ふむふむw

収集済み URL リスト