著者
中谷内 一也
出版者
日本保健物理学会
雑誌
保健物理 (ISSN:03676110)
巻号頁・発行日
vol.34, no.4, pp.391-396, 1999 (Released:2010-02-25)
参考文献数
17

This paper discusses the threshold of carcinogen risk from the viewpoint of social psychology. First, the results of a survey suggesting that renunciation of the Linear No-Threshold (LNT) hypothesis would have no influence on the public acceptance (PA) of nuclear power plants are reported. Second, the relationship between the adoption of the LNT hypothesis and the standardization of management for various risks are discussed.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

こちらもどうぞ。 https://t.co/VUxeGjaQ7A 「閾値の問題をめぐる社会心理学的アプローチ」
閾値の問題をめぐる社会心理学的アプローチ:https://t.co/pnYCYwgw 複数のリスクは相互にトレードオフの関係にあるのであって、閾値の存在を強調しそれ以下を標榜する事は本来実現不可能なゼロリスク幻想への迎合につながるとして、LNTの合理性を説く。むーん、ひねってる。

収集済み URL リスト