著者
原田 博文 白石 君男 加藤 寿彦 曽田 豊二
出版者
耳鼻と臨床会
雑誌
耳鼻と臨床 (ISSN:04477227)
巻号頁・発行日
vol.36, no.6, pp.1180-1184, 1990-11-20 (Released:2013-05-10)
参考文献数
8

陸上自衛官の定年退職時の聴力検査を行い, 同年代の騒音に暴露されていない人と比較して2kHz以上の高音域に聴力低下を認めた.騒音環境によつて分類したグループA, B, Cの間に純音聴力閾値, 耳鳴を訴える人数に有意差を認めなかつた.聴力低下の始まる周波数別に分類すると難聴者の75%は高音域に聴力低下が観察された. 大火器射撃音に暴露されたグループBは1kHz以下の低音域から聴力低下の観察されるものが多かつた.聴力低下と喫煙・高血圧・高脂血症・糖尿病の間には特に関連を認めなかつた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (88 users, 100 posts, 49 favorites)

@sawa2_m 実際こういう文章もあるくらいですから本来は深刻に考えられるべきことなんですけどね・・・ https://t.co/Y0h6fNFeEc
定年退職時における陸上自衛官の聴力像 https://t.co/nAYCak4csE
https://t.co/F0jAnmrVBC 自衛隊員の定年時の聴力に関するpdf

収集済み URL リスト