著者
大前 由紀雄 小倉 雅実 唐帆 健浩 村瀬 優子 北原 哲 井上 鐵三
出版者
耳鼻と臨床会
雑誌
耳鼻と臨床 (ISSN:04477227)
巻号頁・発行日
vol.44, no.3, pp.301-304, 1998-05-20 (Released:2013-05-10)
参考文献数
8
被引用文献数
3

嚥下運動において舌前半部は硬口蓋と接触し舌運動の基点 (アンカー) を形成することで口腔内の食塊を後方に移送している. 今回はこのアンカー機能の嚥下第2期におよぼす影響を検討した. 対象は健常者8名で, 正常嚥下時, アンカー機能補強時, アンカー機能抑制時における嚥下動態を咽頭食道造影検査と嚥下圧検査で観察した. アンカー機能を補強した嚥下では, 咽頭後壁収縮波高の短縮と舌根部最大嚥下圧値の上昇が観察された. 一方, アンカー機能を抑制した嚥下では, 咽頭後壁収縮波高の延長と舌根部最大嚥下圧値の低下が観察された. したがって, 舌前半部によるアンカー機能は, 舌根部の後方運動にも影響することが示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 16 favorites)

嚥下圧(口腔内圧、咽頭内圧)がかかりにくい時。 その背景はどこか? 鼻咽腔閉鎖不全(軟口蓋、咽頭後壁)だからか、喉頭挙上の低下(舌骨上下筋群)だからか、舌機能の低下(アンカー機能)だからか、体勢が良くなかったか。あるいは全てか。… https://t.co/zpaszcnNtY

収集済み URL リスト