著者
谷内 一彦 櫻井 映子 岡村 信行 倉増 敦朗
出版者
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
雑誌
日本耳鼻咽喉科学会会報 (ISSN:00306622)
巻号頁・発行日
vol.112, no.3, pp.99-103, 2009 (Released:2010-06-03)
参考文献数
6

アレルギー疾患に対して抗ヒスタミン薬 (ヒスタミンH1受容体拮抗薬) は即効性のある標準的な治療法である. 日本では抗アレルギー薬として分類されている薬に強力なH1拮抗作用を持つものが多く, 注意を要する. 第一世代抗ヒスタミン薬はイタリアの薬理学者Daniel Bovetにより1930-40年代に最初に開発され, 多くの中枢神経系作用薬 (抗精神病薬や抗うつ薬など) の原型になった. 1957年にBovetはその薬理学的業績によりノーベル医学生理学賞を受賞している. さらにヒスタミン研究領域ではH2受容体アンタゴニスト (胃・十二指腸潰瘍治療薬) を開発したJames Blackがその30年後 (1988年) にノーベル医学生理学賞を受賞している.初期に開発された抗ヒスタミン薬は強力な中枢抑制作用があるために, 1980年代から非鎮静性抗ヒスタミン薬の開発が開始されてきた. 花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患にも中枢移行性の少ない第二世代抗ヒスタミン薬が推奨されているが, 日本では特に欧米と比較して第一世代鎮静性抗ヒスタミン薬やステロイド含有鎮静性抗ヒスタミン薬が使用されることが多く, 欧米人から大変奇異に見られている. ちなみに日本では現在でも成人で20-40%, 小児で80-95%が第一世代鎮静性抗ヒスタミン薬を医師により処方されている. さらに日本ではOTC薬として花粉症薬やかぜ薬に多くの抗ヒスタミン薬が含まれており, しかもテレビや新聞などマスコミでの宣伝が自由で, 一般の方にその危険性を知らせないために事故などに関係することも知られている. 医師や薬剤師は鎮静性抗ヒスタミン薬の危険性を十分に患者などに啓蒙する必要性があり, また処方する場合にはその鎮静作用の有無を十分に検討してから薬剤を選択することが重要である. できるかぎり中枢神経抑制作用が少ない非鎮静性抗ヒスタミン薬を第一選択薬とすべきである. なぜならその効果は第二世代抗ヒスタミン薬の間ではほぼ同じであるからである. 本総説ではヒスタミンの薬理学について最新の考え方を紹介する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 10 posts, 19 favorites)

@miru_sakaki アレジオン(エピナスチン)眠くなりにくいです。 他の薬が寝るための薬なのでよろしくないと言うことです。 以下の図がわかりやすいと思います。 https://t.co/HZicwAuLGH https://t.co/ps5kwnfpFu
#薬学生 応援!企画|文献からRT 《総説》抗ヒスタミン薬の薬理学、谷内 ら 日本耳鼻咽喉科学会会報 Vol. 112 (2009) No. 3 P 99-103 https://t.co/GN7k8uptJZ 抗ヒスタミン薬のヒ… https://t.co/ViEMG0fK3W
抗ヒスタミン薬の薬理学https://t.co/59v1vXBr これは個人的な見解だが、中枢移行性を加味すると3歳未満の発熱患児においてケトチフェン、クロルフェニラミン、オキサトミド、シプロヘプタジンは痙攣リスクを考慮すべき。特に熱性けいれん既往患児には疑義の対象としている。

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト