著者
今野 良
出版者
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
雑誌
日本耳鼻咽喉科学会会報 (ISSN:00306622)
巻号頁・発行日
vol.115, no.2, pp.73-84, 2012 (Released:2012-04-01)
参考文献数
76

子宮頸癌は発癌原因が主にHPV感染であることが明らかにされていた. 50年以上前から行われてきた子宮頸癌検診による二次予防に加えて, HPVワクチン開発・臨床応用によって一次予防も可能になり, 疾患の征圧を視野に入れた予防活動が世界的に繰り広げられている. 一方, 分子疫学の発展により, 子宮頸癌以外の性器肛門癌や頭頸部癌の多くにもHPVが関連していることが認められ, 予防・検診・治療に新しい展開がみられる. 本稿では, 前半にHPVの生物学, 子宮頸癌およびHPV関連疾患の概説を行い, 後半には頭頸部癌とHPVの関わりを解説する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (20 users, 21 posts, 0 favorites)

@iseakira 膣内膜にのみ分布する訳ではありません.こちらは同じ内容の日本耳鼻咽喉科学会会報,2012.です. https://t.co/K0ppfmz9J8 @ronja_yty
口腔内のヒトパピローマウイルス(HPV)検出と頭頸部がんとの関連性が前向き研究で示される/NCIブログ~がん研究の動向~ https://t.co/TiKVrOIG0a @cancer_refさんから 参考. https://t.co/j4h7Tc0CCh
“@usausa1975: https://t.co/ROl4IFsXY6 HPVの性質や発がん機構についてはこの総説がわかりやすいな(日本語)”口腔咽頭癌の予防にもなるんなら是非男子への接種も検討すべきですね。
https://t.co/Jgob1NtxBv HPVの性質や発がん機構についてはこの総説がわかりやすいな(日本語)
今野良(2012) 『ヒトパピローマウイルス感染と子宮頸癌ならびに頭頸部癌の関わり』https://t.co/ETwr98J8NN 「将来の頭頸部癌征圧に最も寄与するのはHPV ワクチンかもしれない」 脳神経症状に苦しめられれている被害者を知らないのか!!!(怒)
子宮頸がん、ヒトパピローマウイルス(HPV)、HPVワクチンに関する今野さんの2012年の解説記事を貼っておきます。ちょっと難しいでしょうけど、是非、ご一読を! https://t.co/xMrlJBORh8

収集済み URL リスト