著者
五島 史行 守本 倫子 泰地 秀信
出版者
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
雑誌
日本耳鼻咽喉科学会会報 (ISSN:00306622)
巻号頁・発行日
vol.116, no.2, pp.91-96, 2013 (Released:2013-04-11)
参考文献数
17

小児心因性起立, 歩行障害の症例を呈示し, 文献的考察を行った. 症例1は10歳男児で心因性発熱, 心因性視力障害を合併した症例で, 発症後約4カ月経過して症状は改善した. 症例2は10歳男児で, 頭痛, 微熱, 倦怠感, 心因性視覚障害を合併したものであり, 約5カ月経過して症状が改善した. 小児の心因性起立, 歩行障害の頻度は高いものではないが, 診察に際しては臨床的特徴を熟知しておく必要がある. 治療にはある程度の期間が必要である. 器質的疾患を除外し, 診断を確定した後は呈示した症例のように治療を急がず, 時間をかけた対応が必要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 8 posts, 1 favorites)

"心因性の反応はさまざまな感覚器,運動器に現れるが,起起立・歩行障害を呈することもある.起立の維持や歩行が不可能になる点で,揺れる感覚を訴える心因性めまいとは異なる" めまいや歩行・起立障害を訴えた小児の転換性障害の2例 日耳鼻… https://t.co/vEs4Naj7dw
3 3 https://t.co/M65RmYML0z
2例とも10歳男児。 めまいや歩行・起立障害を訴えた小児の転換性障害の2例(2013年 日本耳鼻咽喉科学会会報) https://t.co/AbOzS4sbW7

収集済み URL リスト