著者
八木 聰明 加我 君孝
出版者
耳鼻咽喉科臨床学会
雑誌
耳鼻咽喉科臨床 (ISSN:00326313)
巻号頁・発行日
vol.73, no.2, pp.139-144, 1980 (Released:2011-11-04)
参考文献数
20
被引用文献数
3 3

神経耳科学的諸検査などから, 脳幹に広範囲な, かなり強い障害の存在が推測された, 変性疾患6症例のABRについて, 腫瘍例と対比し, 報告した.各症例のABR所見は, 各波潜時とI波, V波間潜明は正常範囲であり, 振幅にも大きな変化は認められなかった. このことから, 脊髄小脳変性症などの変性疾患では, 脳幹障害が神経耳科学的諸検査から十分に推測されても, その割に聴覚路は障害されにくく, ABRの異常は, あまり高率におこらないことが推測された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (74 users, 74 posts, 293 favorites)

更にミヤBM、ビオスリー、強ミヤリサンなど、酪酸菌を含む製剤を取る方の経過が良好。水溶性食物繊維やオリゴ糖など餌もしっかり取って、乳酸菌/ビフィズス菌/酪酸菌の豊かな腸内フローラを。 https://t.co/NaREgywuEg https://t.co/CAVZSZghRK https://t.co/tELYepEfII https://t.co/ZXeetDI5f0 https://t.co/h8rJyuL9TC

収集済み URL リスト