著者
関 亮
出版者
一般社団法人 照明学会
雑誌
照明学会雑誌 (ISSN:00192341)
巻号頁・発行日
vol.61, no.11, pp.636-641, 1977-11-25 (Released:2011-07-19)
参考文献数
16
被引用文献数
2

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (2 users, 2 posts)

赤外線の人体に対する作用は熱作用だけである.瞬 間 的に強い赤外線が目に照射された場合,眼 瞼皮膚,角 膜 表層,網 膜,脉 絡膜などに熱傷を起こす場合がある. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jieij1917/61/11/61_11_636/_pdf#:~:text=%E8%B5%A4%E5%A4%96%E7%B7%9A%E3%81%AE%E4%BA ...
赤外線の人体に対する作用は熱作用だけです。(犬も一緒) 瞬間的に強い赤外線が目に照射された場合、眼瞼皮膚、角膜表層、網膜、脉絡膜などに熱傷を起こす場合があります。 まぁ、赤外線撮影用のIRライト程度なら何の影響もないでしょう。 参考文献 紫外・赤外線の目に対する作用効果と安全 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jieij1917/61/11/6 ...

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

収集済み URL リスト