著者
井谷 泰彦
出版者
日本国際教育学会
雑誌
国際教育 (ISSN:09185364)
巻号頁・発行日
vol.18, pp.54-63, 2012 (Released:2020-07-31)

This paper aims to deepen historical understanding of the Okinawan identity through a study of the dialect punishment board (hogen fuda). Up until 1879, in Okinawa, ordinary people used the Ryukyuan language. In the Ryukyu Islands, people in different groups had different dialects. The difference between their dialects was very wide compared with dialects in mainland Japan. In the Meiji period, the Japanese national government started teaching standard Japanese all over Japan including Okinawa in order to establish a unified language in their attempt to modernize the nation. It was linked with other policies of the government such as developing national wealth, strengthening the military and educating the masses as subjects of the Emperor. Meanwhile, Okinawan people, afraid of discrimination, wanted their own unified language. Because discrimination was often caused by differences of dialect, they wanted to communicate to other people without a language barrier. In schools and some village communities in Okinawa, the dialect punishment board (hogen fuda) was made for every classroom and some community centers. Students had to wear it around their necks if they spoke in dialect. The tag was handed over to other students who spoke in their dialect. The method was common under the Customary Law of Okinawan Villages. Though this method of language enforcement led to the repression of Okinawan culture and language, it was never official government policy. Certainly, standard Japanese was forced on Okinawan people in prewar times by the prefectural government. However, popular opinion supported enforcement of the use of standard Japanese as a way to adapt to the new era. The dialect punishment board continued to be used in Okinawa even after the war until around the 1970s. They chose the standard Japanese of their own will during the postwar period. After reversion in 1972, the use of standard Japanese rapidly spread among ordinary people due to wide exposure to television, freedom to travel to and from mainland Japan and the development of tourism. As a result, the young generation born after reversion can rarely speak dialects.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (27 users, 38 posts, 44 favorites)

方言札、一貫して使われてたわけではかっかったり、戦後も使われてたは使われてたけど教員の個人裁量に任されてたりで、割とまとまった研究がしにくそうではある。 https://t.co/LRZ2XOZHU9
言語罰札制度について ─沖縄の「方言札」を中心に─ はじめに 井谷 泰彦 https://t.co/LZnRsaxvTd
「沖縄で は、たびたび厳しい会話教育(普通語励行・標準語励行)が行われてきた。だが、 どのような厳しい運動のさなかにおいても、一度として「方言札を使用せよ」な どという条例や通達が出されたことはなかった」 戦後は沖縄の住民自らの草の根運動だと思う。 https://t.co/ZBP3pYtQ7d
「「方言札」制度自体が、沖縄の農村社会に古くから存在している罰札制度の応用であること自体は、戦前から多くの知識人によって言及されてきた」 https://t.co/ZBP3pYtQ7d https://t.co/yVa1RSBLvx
@fijabyron 沖縄でだけ方言札が普及したのは、沖縄が抑圧されていたからではなく、元々沖縄に罰札制度があったからだと思われます。 『「方言札」制度自体が、沖縄の農村社会に古くから存在している罰札制度の応 用である』 https://t.co/UyAYSddnwe https://t.co/tBA78bQd9T
資料を探してみた。 https://t.co/lA8ua3T3P8 https://t.co/mxbesJK9xA
@honeybee_2288 @fijabyron 方言排斥運動は戦前からですよ 方言札は沖縄の習俗と結びついていた面があったので戦後も長く残りましたhttps://t.co/J6SGzHKnNJ
@zzbbbzbz @Man0419Mha リンク先の論文には、「一度として「方言札を使用せよ」などという条例や通達が出されたことはなかった。それどころか、方言札はいつの時代にも、あまり大っぴらに語ることが憚られる教育手段とされてきた 」 とあります。 https://t.co/KewOe3TN66
「たとえば柳田國男は次のように述べている。「島には昔からの黒札といふ内法があって、 次の違反者の発見を以って我身の責任を解除してもらふという、その組織を此の 禁止(沖縄語の禁止)の上にも利用して居るとは情けない話である」」https://t.co/KewOe3TN66
「一度として「方言札を使用せよ」な どという条例や通達が出されたことはなかった。それどころか、方言札はいつの 時代にも、あまり大っぴらに語ることが憚られる教育手段とされてきた 」 「戦後の方言札使用に至っては、基本的には教員の個人的判断で使用された」 https://t.co/KewOe3TN66
「為政者がどんなに強圧的な同化教育を試みても、 民衆の側に教育を受け入れるレディネスが存在しなければ、言語罰札が習俗化す ることは無いからである。」「日清戦争以前(中略)いくら政府が強権的言語教育を試みても、 それを受け入れる基盤は沖縄民衆のなかにはなかった。」https://t.co/KewOe3TN66
'沖縄で は、たびたび厳しい会話教育(普通語励行・標準語励行)が行われてきた。だが、 どのような厳しい運動のさなかにおいても、一度として「方言札を使用せよ」な どという条例や通達が出されたことはなかった。' https://t.co/QRo0a2aJb2
琉球の罰礼制度、いつみてもえぐい 「そして、科銭や科米、科松を執行する為に利用されたシステムが、この罰札制度である。罰札を持たされている人間は、 次の違反者が見つかるまでは、金銭なり玄米なりを集落(シマ)に納めなければ ならなかった。」 https://t.co/xr0jcwoazW

収集済み URL リスト