著者
沖中 健 山内 啓治 藤井 英二郎
出版者
社団法人 日本造園学会
雑誌
造園雑誌 (ISSN:03877248)
巻号頁・発行日
vol.51, no.5, pp.102-107, 1987-03-31 (Released:2011-07-19)
参考文献数
4
被引用文献数
6 6

我が国の主要な壁面登はん性つる植物としてのナツヅタについて, その壁面付着に関する圃場実験を行った。設定した実験因一子は, つるの傾斜角度・日照条件・つるの太さとジベレリンの散布である。実験の結果, つるの傾斜角度・日照条件とつるの太さは, ナツヅタのつるの付着性に大かな影響を与えるが, ジベレリンの散布はあまり大きく関与をしないことがわかった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 8 favorites)

@reijin02 おもしれぇよな!ペタペタついててかわいいぞ! オラきちんと読んでねぇけど、いくつか見っけたぞ! 読んでみてくれ! おめぇの琴線に触れたら何よりだ! 【どれもPDFだから気を付けてくれ!】… https://t.co/6NO5IBbwYq

収集済み URL リスト