著者
栃谷 史郎
出版者
公益財団法人 腸内細菌学会
雑誌
腸内細菌学雑誌 (ISSN:13430882)
巻号頁・発行日
vol.31, no.1, pp.33-41, 2017 (Released:2017-01-31)
参考文献数
54

児の腸内細菌叢の定着は母親の常在細菌叢を第一の源として起こる.腸内細菌叢は母と子を結ぶリンクの1つであると言える.適切な母子関係は児の脳発達において大切な働きをする.周産期における母親の感染症,ストレス,高脂肪食による肥満など様々な環境因子が児の腸内細菌の定着に影響を与え,その結果,児の脳発達にも影響を与えることが複数の研究から示されている.我々は,非吸収性抗生剤を妊娠マウスに投与し,母親の腸内細菌叢を撹乱する実験を行った.その結果,仔の行動に変化が観察された.本総説では,児の脳発達における周産期母体腸内細菌叢の役割について議論する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

帝王切開では母体の常在菌が新生児に移行しないため下記のような問題が生じるという説があります。(子宮内の胎児は、無菌状態だと考えられています)。 . 【質問】 ① この説の信憑性はどの程度なのでしょうか?。 ② 膣内ガーゼ法で母体の膣内細菌をしみこませたガーゼで新生児をぬぐって細菌に暴露することで、自然分娩で新生児が産道で母体からの細 ...

Twitter (4 users, 4 posts, 12 favorites)

近年胎盤や羊水,さい帯血にも細菌 が見つかることが報告されている. このことは,母から子への腸内細菌の垂直伝搬が胎児期にすでに始まっている可能性を示す. 胎盤で見つかる細菌叢は口腔内の常在菌に似ていることが報告されている 周産期母体腸内細菌叢と児の脳発達 https://t.co/eWQjDlBn9B

収集済み URL リスト