著者
徳永 隆久 中田 裕子 田代 靖人 平山 匡男 日高 秀昌
出版者
財団法人 日本ビフィズス菌センター
雑誌
ビフィズス (ISSN:09142509)
巻号頁・発行日
vol.6, no.2, pp.143-150, 1993 (Released:2010-06-28)
参考文献数
16
被引用文献数
5

27名の健常者 (男21名, 女6名) を3群に分け, フラクトオリゴ糖 (FOS) 1g, 3g, 5g/日をそれぞれ2週間摂取させて腸内細菌叢および便通に及ぼす影響について調べた.その結果, いずれのFOS摂取水準においても, 便中のBifidobacteriumの菌数は有意に増加した (p<0.01またはp<0.05).また, 全試験期間中の被験者の便通状況を解析した結果, FOS摂取により排便回数の有意な増加と (p<0.05), 便の硬さが有意に軟らかくなる (p<0.01) ことが観察され, 便通の改善効果が認められた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 14 favorites)

収集済み URL リスト