著者
原 博
出版者
公益財団法人 日本ビフィズス菌センター
雑誌
腸内細菌学雑誌 (ISSN:13430882)
巻号頁・発行日
vol.16, no.1, pp.35-42, 2002 (Released:2010-06-28)
参考文献数
32
被引用文献数
1

短鎖脂肪酸は, 大腸で作られる, 食物繊維や難消化性オリゴ糖からの発酵産物である.この発酵を行うのは, 腸内細菌叢と言われる大腸内に常在する膨大な数の微生物である.産生された短鎖脂肪酸は, 大腸で容易に吸収され, 肝臓や筋肉で代謝されてエネルギー源となる.短鎖脂肪酸の一種である酪酸は, 大腸粘膜でよく資化される, 大腸粘膜細胞の必須栄養素である.酪酸の欠乏は大腸の機能不全に繋がり, このような意味で酪酸は人の健康に不可欠なものと言える.短鎖脂肪酸は, エネルギー源としてだけではなく, 健康を維持する多くの生理作用を有している.すなわち, 水や, 欠乏しやすいミネラルであるカルシウムやマグネシウム, 鉄の吸収を促進し, 肝臓ではコレステロール合成を抑制, さらには, 大腸がんの発症を抑制する.酪酸は, 大腸の変異細胞にアポトーシスなどを起こさせ除去する.これらの短鎖脂肪酸がどのように作用するかは, ほとんど分かっていない.短鎖脂肪酸の研究は, 大腸発酵, ひいてはプレバイオティクスの生理的意味を解明するものである.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 14 favorites)

【 #短鎖脂肪酸 に影響を受ける腸の働き】 ・水とミネラルの吸収 ・腸運動 ・微小循環 ・粘液分泌 ・腸内ホルモン分泌 ・結腸上皮バリアの修復 ・粘膜免疫システム 短鎖脂肪酸は消化管の消化・吸収及び防御機能に影響。 #プレバイオティクス 大事ですね!! https://t.co/TBP43JXfR9

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: P tmt
2018-08-27 17:10:56 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト