著者
長谷川 幸代
出版者
情報メディア学会
雑誌
情報メディア研究 (ISSN:13485857)
巻号頁・発行日
vol.12, no.1, pp.52-61, 2014-02-14 (Released:2014-02-14)
参考文献数
18

本研究は,人々が公共図書館と書店にもつイメージについて調査,分析,考察することを目的としたものである.図書館情報学をコースとして選択している大学生と,実際に公共図書館を利用している人を対象に,公共図書館と書店について抱いているイメージの内容についてのアンケート調査を行い,その結果を分析,比較した.大学生は,書店のイメージの方が図書館に比べてややポジティブなイメージをもつ項目が多いことが判明した.実際に公共図書館を利用している人にも同様の質問を行ったところ,公共図書館と書店のイメージの差が学生の場合よりも小さく,公共図書館と書店のどちらに対しても比較的ポジティブなイメージをもつ傾向があることが分かった.また,書店は気軽に立ち寄れる場というイメージがあることがわかった.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (2 users, 4 posts, 3 favorites)

“公共図書館のイメージについての調査研究” http://t.co/lMsL1po3lQ
本文に今回は調査対象が限定されているが、今後、更に規模の大きい調査に発展させたい旨、記述されている。 https://t.co/En7RuSEEHv
“大学生は,書店のイメージの方が図書館に比べてややポジティブなイメージをもつ項目が多いことが判明” ”書店は気軽に立ち寄れる場というイメージ” https://t.co/lwOHeTwv2N 可能であれば、公共図書館を利用しない層にもアンケート調査があるといいと思う。
[J-STAGE ALERT] 新着論文のお知らせで興味深い論文紹介 「公共図書館のイメージについての調査研究 - 図書館と書店のイメージ比較 -」 情報メディア研究 Vol. 12 (2013) No. 1 p. 52-61 抄録 https://t.co/lwOHeTwv2N

収集済み URL リスト