著者
安本 真也 関谷 直也
出版者
一般社団法人 地域安全学会
雑誌
地域安全学会論文集 (ISSN:13452088)
巻号頁・発行日
vol.33, pp.127-136, 2019-11-02 (Released:2019-06-25)
参考文献数
63

This study reveal that why uneasy feelings to the Fukushima Prefecture products can not be mitigated in Hokkaido and Kinki. I thought that the cause for the difference in anxiety feelings for each region is in the local paper. As a result of the analysis, there is significant correlation between between the "The proportion of people who are avoiding the Fukushima products" and "The number of articles about evacuees from Fukushima Prefecture in the local paper." In addition, local paper in Hokkaido and Kinki have been reported to stand at the evacuees' eye level from Fukushima Prefecture. As a result, unintended consequences that does not decrease people to avoid Fukushima Prefecture products was born.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (168 users, 182 posts, 245 favorites)

全く同感。マスコミが原発事故後の福島に対して風評加害者であることにはエビデンスがあり、既に科学的に実証されています。テレビについてはhttps://t.co/1oNzTN80jG 新聞についてはhttps://t.co/1oNzTN80jG マスコミと大学人の論拠のない言説により、福島が傷ついています。やめてください。 https://t.co/ABcEpaj2wo
J-STAGE Articles - なぜ北海道と近畿地方において福島県産品に対する不安感が高いのか https://t.co/fm2jr7d0ky あっ、(察し……てなるやつ(・ω・)
なぜ北海道と近畿地方において福島県産品に対する不安感が高いのか 参考文献に出てくる新聞社で納得する。 風評の研究をしてる関谷先生の論文。 https://t.co/oBSWo8fceE
@SonohennoKuma https://t.co/1oNzTN80jG 北海道と近畿の地方紙が福島からの避難者を盛んに報道したことにより、両地域で福島産品を避ける人が増えた・・・統計解析による科学的な実証研究です。マスコミには「強力な効果」があります。重大な責任がある。
これもメディアが福島の風評被害に関連したという研究。少数の研究者が少しずつですが、この分野を切り開いています。https://t.co/SXYHsnMa9M https://t.co/7x7nO7DAbC
https://t.co/SXYHsnv77M

収集済み URL リスト