著者
二井 彬緒
出版者
学校法人 自由学園最高学部
雑誌
生活大学研究 (ISSN:21896933)
巻号頁・発行日
vol.3, no.1, pp.43-58, 2017 (Released:2017-12-21)
参考文献数
27

イスラエル国家を思考することは、ショアーの亡霊を呼び起こし、「国民国家nation-state」を思考することである。H・アーレントによれば、ショアーとは、近代ヨーロッパ式国民国家がその発展上の限界点に達した際におこった、「『国民』ならざる存在」の排除である。近代において、「『国民』ならざる者」、すなわちユダヤ人たちは、ある場所(ある国家)に居住しながらも「ホームランド」を喪失した者たちと目され、国家の内部にいながらその構成員にはなり得ない存在、G・アガンベンの言葉を使えば「ホモ・サケルHomo sacer」となったのである。イスラエルとは、そうした歴史の文脈の上で、シオニストたちによってユダヤ人の「ホームランド」として生まれた国民国家である。国民国家は、人びとのあいだに「国民」と「『国民』ならざる存在」といった想像上の境界線を引く。それは、個々人がみずからを「国民」として自己同一化するidentifyことであり、これもまた虚構でしかない。しかし、この虚構が強い効力を持つとき、言い換えれば、ナショナリズムが生まれるとき、「『国民』ならざる存在」の排除が起こるのだ。さて、近年、ニュースや新聞、またイスラエルに関する話題が持ち上がるあらゆる場において、「イスラエル批判は反ユダヤ主義である」といったレトリックを見かける。このレトリックは、「ユダヤ人」「イスラエル人」「シオニスト」を、あたかも同義語として見なすような効果を持っている。本稿では、現代思想と国民国家論の視点から、このレトリックを国民国家の表象として批判する。その中で、「国民」というアイデンティティという枠から脱し、個々人の生を語ること、そこにどのような可能性が存するのかを論じる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 8 posts, 5 favorites)

国民国家論とイスラエル批判曲解のレトリック -揺れる「ユダヤ性」の理解をめぐって- 二井彬緒 この論文も見逃せない。イスラエル無謬性の病理、シオニズム・クリスチャンの根拠など。 https://t.co/X88A9qMP4U
『「イスラエル批判は反ユダヤ主義である」といったクリシェには、「イスラエル」と「ユダヤ人」、そ して「シオニスト」を混同する思考的枠組が潜在している。』 わかりやすくて情報が多くておもしろい論文だった https://t.co/tkY0uddN88
イスラエル批判を反ユダヤ主義として認識するクリシェに対する批判を読みやすくまとめたありがたい論文。 二井彬緒「国民国家論とイスラエル批判曲解のレトリック -揺れる「ユダヤ性」の理解をめぐって-」 https://t.co/74sJU80ySL
イスラエル批判を反ユダヤ主義として認識するクリシェに対する批判を読みやすくまとめたありがたい論文を発見。 二井彬緒「国民国家論とイスラエル批判曲解のレトリック -揺れる「ユダヤ性」の理解をめぐって-」 https://t.co/yaadzyo6fd
こっちも読んでみる 国民国家論とイスラエル批判曲解のレトリック -揺れる「ユダヤ性」の理解をめぐって- https://t.co/3DkMXQIHUK
@reishiva むしろ意図的に「国家と国民(政府と市民)」を混同するレトリックが用いられているような気がします。以下の論文がとてもわかりやすいです。 「国民国家論とイスラエル批判曲解のレトリック(二井彬緒)」(https://t.co/nRVbq8FUKT)
この中で反ユダヤ主義批判の話が出ていたので検索したら出てきたのがこれ。 「国民国家論とイスラエル批判曲解のレトリック-揺れる「ユダヤ性」の理解をめぐって-」 (https://t.co/C6gB5Allu9) 要するに、ユダヤ人、イスラエル、シオニズムを一緒くたにする事で批判を封じる論法の話。良記事だ。 https://t.co/aa4PgEkwbW

収集済み URL リスト