著者
中村 俊介 三宅 康史 土肥 謙二 福田 賢一郎 田中 幸太郎 森川 健太郎 有賀 徹
出版者
一般社団法人 日本救急医学会
雑誌
日本救急医学会雑誌 (ISSN:0915924X)
巻号頁・発行日
vol.22, no.7, pp.312-318, 2011-07-15 (Released:2011-09-13)
参考文献数
19
被引用文献数
1

背景:熱中症の後遺症として中枢神経障害を生じた症例の報告は散見されるが,発生に関わる要因について検討されたものは少ない。目的:熱中症の臨床所見から中枢神経系後遺症の発生要因を明らかにする。方法:2006年,2008年に日本救急医学会熱中症検討特別委員会が実施した症例調査であるHeatstroke STUDY 2006およびHeatstroke STUDY 2008から中枢神経系後遺症を生じた症例,および対照として後遺症なく生存したIII度熱中症の症例を抽出し,各々の診療情報について分析を行った。結果:全症例数は1,441例であり,中枢神経系後遺症は22例(1.5%)で認めた。重複したものを含め後遺症の内容は,高次脳機能障害15例,嚥下障害6例,小脳失調2例,失語および植物状態が各1例であった。中枢神経系後遺症を生じた群の男女比は13:9,平均年齢は62.6歳であり,一方,後遺症なく生存したIII度熱中症は計286例で男女比213:72(不明1),平均年齢55.4歳であった。来院時の臨床所見については,中枢神経障害を生じた群で90mmHg以下の血圧低下,120/分以上の頻脈を多く認めたが,後遺症なく生存したIII度熱中症群との間に有意差はなかった。一方,Glasgow coma scale(GCS)の合計点,体温,動脈血ガス分析のbase excess(BE)において有意差を認め(各々p=0.001,p=0.004,p=0.006),また来院後の冷却継続時間についても有意差がみられた(p=0.010)。結語:中枢神経系後遺症の発生例では来院時より重症の意識障害,高体温,BE低値を認め,冷却終了まで長時間を要していた。中枢神経系後遺症を予防するためには,重症熱中症に対して積極的な冷却処置および全身管理,中枢神経保護を目的とした治療を早急に行うことが重要である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 1 favorites)

2011年の論文。 後遺症が1.3%~1.6%の確率で出るのを高いと思うか低いと思うかは人次第。 この論文は中枢神経系後遺症に焦点を当ててるけど、重度の後遺症のレベルがエグい。 外に出るなら水分補給と無理をしないこと。屋内ならエアコンで幸せになれる。 https://t.co/QVP2gWKkEj https://t.co/IoC2eO9Cp3 https://t.co/dO3lnVKkW1
熱中症の初期対応や、予防の視点が大切です。 ・J-STAGE - 論文名:熱中症による中枢神経系後遺症 https://t.co/pLHPf900jX →後遺症のリスク ・J-STAGE - 論文名:人工呼吸管理を要した熱中症患者の予後予測因子 https://t.co/ZhoXqy6dfA →予防・初期対応の重要性 #甲子園 #高校野球 https://t.co/eyNYgO5uRF
中枢神経系後遺症? 高次脳機能障害、嚥下障害、小脳失調、失語症… リハビリ専門家は、中枢神経系の後遺症の怖さをよくご存知かと思いますが、熱中症は事前に予防しておきたいですね。 J-STAGE Articles - 熱中症による中枢神経系後遺症-Heatstroke STUDY 2006… https://t.co/pLHPf900jX

収集済み URL リスト