著者
井尻 巖
出版者
日本救急医学会
雑誌
日本救急医学会雑誌 (ISSN:0915924X)
巻号頁・発行日
vol.10, no.8, pp.437-447, 1999-08-15 (Released:2009-03-27)
参考文献数
2

死亡診断書・死体検案書の書き方の概要を述べる。死亡診断書は診療継続中の患者が当該疾病で死亡した場合に発行され,その他の場合は死体検案書を発行する。死亡者の氏名は戸籍に記載された氏名を記入する。「死亡したとき」の欄には,心肺停止例で死亡を確認した時刻や,心肺蘇生が不成功の場合にそれを終了した時刻ではなく,これらの時点よりさかのぼった時刻を推測して記入する。この場合には死亡時刻の記入した後に頃(推定)と記入する。「死亡の原因」のI欄は直接死因と下段に直接因果関係を有する傷病名を順を追って記入する。最も下段に記入された傷病名が原死因となり,死因として採用される。この欄の記入に疎漏があると死亡者の死亡の原因がまったく違ってくる。死因が特定できない場合には,適当な死因を付けないで[詳細不明]と記入し,「その他特に付言すべきことがら」欄にその理由を記入する。「死因の種類」欄は原死因が該当する種類に〇を付ける。「外因死の追加事項」の欄は,病死および自然死以外は必ず記入する。伝聞をもとに記入することがほとんどであるが,可能な限り詳細に記入する。なお,不詳の死とした場合には,この欄に記入せず「その他特に付言すべきことがら」欄に,その理由を記入する。「その他付言すべきことがら」欄には,前記に述べた事項のほか,心肺蘇生が不成功であった場合に,「心肺停止状態で搬送され,心肺蘇生が不成功,〇時〇分に死亡確認」等記入しておく。死亡診断書・死体検案書をめぐる紛争は少なくなく,記載にあたっては慎重に記入することが肝要と考える。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 17 posts, 33 favorites)

(承前) 救急医のための死亡診断書 ・死体検案書の書き方 - J-Stage https://t.co/ZNjul1Op6g 10頁 服毒30日後に肺線維症(直接死因)で亡くなった場合に「死因の種類」は「自殺」に丸をつける記載例。
「24時間以内」という誤りは交通事故の「24時間死者」が混ざったのだろうと思っていました。調べたことはないですが。なお交通事故死を24時間などの時間で機械的に切っているというのは誤り。これの445頁事例8参照。(原死因の選択)… https://t.co/LtgKOGMhlA
@endBooks 解法や先行例は見つかりませんが、「自殺未遂が原因の受傷が元となる併発症での死亡」は自殺では無く、「長期に渡る自殺目的の服薬に因る死亡」は医学上自殺の様です。自殺の意図の有無は最終的に医師の診察如何かも知れません。 https://t.co/AxXuNKJD0A
「救急医のための死体検案書・死亡診断書の書き方」 (日本救急医学会雑誌1999) _pdf https://t.co/DEhkw0OIpd

収集済み URL リスト