著者
高畑 香織
出版者
一般社団法人 日本助産学会
雑誌
日本助産学会誌 (ISSN:09176357)
巻号頁・発行日
vol.29, no.2, pp.251-261, 2015 (Released:2016-02-24)
参考文献数
23
被引用文献数
1

目 的 分娩前7日間に妊婦が行った陣痛発来への取り組みの実態と分娩誘発の関連を探索することを目的とした。対象と方法 2013年7月から10月に,病院,診療所,助産所20施設にて,正期産児を分娩し条件を満たした褥婦694名に質問紙調査を行った。有効回答を得られた530名(76.3%)について統計的に分析を行った。結 果1.何らかの陣痛発来への取り組みを実施したのは530名中491名(92.6%)で,その割合は重複回答にて,ウォーキング66%,乳頭刺激55%,スクワット44%,階段昇降42%,鍼灸指圧20%,下剤13%,性交9%であった。2.初産婦ローリスク群において,【ウォーキングを中等度の運動強度で1日最低50分以上7日間合計300分以上実施した】グループでは,分娩誘発を有意に減らしており,オッズ比は0.425(95%CI:0.208-0.866)であった。3.乳頭刺激は自然な陣痛発来を期待できる方法とされているが,研究で推奨されている方法で実行されていなかった。結 論 陣痛発来への取り組みとして運動が上位を占め,特に初産婦ローリスク群ではウォーキングの実施と誘発減少との関連が認められた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 1 favorites)

@m7hmarrr_m フォロワーさんが載せてらっしゃった論文なんですが、50分以上のウォーキングされた妊婦さんに効果がよくみられたようで…
この論文によると陣痛が来るようにするためには、スクワットよりウォーキングが良いらしい。「1日50分以上7日間合計300分以上」頑張る…✊ https://t.co/HLpXD1SxX1
「陣痛発来を目指して,これまで多くの研究が行われている 。現在,薬物や器械的方法を用いない陣痛発来方法の中で,コクランレビューにより有効であるとされているのは,卵膜剥離と乳頭刺激のみである」https://t.co/aKJPRcJMm7

収集済み URL リスト