著者
柳川 堯
出版者
日本計量生物学会
雑誌
計量生物学 (ISSN:09184430)
巻号頁・発行日
vol.38, no.2, pp.153-161, 2018-03-01 (Released:2018-05-18)
参考文献数
5

Many clinical studies are conducted in Japan with sample sizes that are not deter-mined statistically. Application of Neyman-Pearson type statistical tests to data from such studies is not justifiable and should be stopped. Also 5% significance level that is commonly employed in a clinical study without taking into account disease, drug and other factors is not justifiable. Alternatively, the use of p-value is recommended in this paper as a measure of showing the magnitude of difference of two treatments; it is the role of principal investigator to summarize the study results by considering disease, drug and other factors, sample sizes and p-value.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (70 users, 73 posts, 163 favorites)

この付録Aの件、プロの解説が待たれる https://t.co/2lFbcYbkdS
大学時代の恩師からのメッセージ:J-STAGE Articles - p値は臨床研究データ解析結果報告に有用な優れたモノサシである 柳川 堯 https://t.co/dp2SZYXoqb
正直申しあげると、Fisher流検定とNeyman-Pearson流検定の違いをあまりよくわかっていなかった(今もよくわかったわけではないが…) /計量生物学「p値は臨床研究データ解析結果報告に有用な 優れたモノサシである」 https://t.co/cytoDGHVZF
p 値は臨床研究データ解析結果報告に有用な優れたモノサシである https://t.co/6TOixmcY6M via @nuzzel
来月刊行予定の『P値 ―その正しい理解と適用―』の著者である柳川堯先生によるp値の解説論文。https://t.co/L6nXRbOrSa
柳川 (2017)はこれか。https://t.co/APcuVfZzN3
J-STAGE Articles - <i>p</i>値は臨床研究データ解析結果報告に有用な優れたモノサシである https://t.co/6VdS6SarBa

収集済み URL リスト