著者
山本 哲也 吉本 潤一郎
出版者
一般社団法人 日本認知・行動療法学会
雑誌
認知行動療法研究 (ISSN:24339075)
巻号頁・発行日
pp.20-040, (Released:2021-09-10)
参考文献数
30

機械学習は、近年注目を集めている人工知能技術の一分野であり、問題に対して最適な解決策に到達するための方法やパラメータを自動的に決定する計算戦略である。このアプローチでは、多次元データセットに内在する規則性を発見することによって、個人の状態に焦点を当てた予測モデルを構築することができる。そのため、認知行動療法をはじめとした臨床実践において、アセスメントの効率化・精緻化や、最適な介入方法の選定に寄与する可能性がある。そこで本論文では、まず機械学習アプローチの枠組みや、統計学との違い、そしてその特長を概観する。加えて、これまでのメンタルヘルス領域において、機械学習アプローチが適用されている主な研究テーマを整理したうえで、臨床心理学および認知行動療法研究に寄与しうる活用例を紹介する。最後に、機械学習アプローチの限界に触れながら、今後の応用可能性について論じる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 7 favorites)

機械学習アプローチの臨床応用—デジタル革新がもたらすメンタルヘルスケアの新たな形— https://t.co/L0inAXQzT1
機械学習アプローチの臨床応用—デジタル革新がもたらすメンタルヘルスケアの新たな形— - https://t.co/QMICpW9OYO #ScholarAlerts
竹林由武さん・山本哲也さんと企画した『認知行動療法研究』の特集号論文が早期公開されました! 山本哲也・吉本 潤一郎「機械学習アプローチの臨床応用—デジタル革新がもたらすメンタルヘルスケアの新たな形—」 機械学習が気になっている方は是非とも読んでみてください〜 https://t.co/qfXOVDfpOF

収集済み URL リスト