著者
神谷 政幸
出版者
一般社団法人 日本在宅薬学会
雑誌
在宅薬学 (ISSN:2188658X)
巻号頁・発行日
pp.2021.5009, (Released:2021-03-12)
参考文献数
5

要旨: 「薬剤師法」は,薬剤師全般の職務・資格などに関して規定する法律である.その成立までの道程には,「医制」の公布から続く,“薬剤師がその職能を十分に発揮できるようにし薬事の向上に貢献したい”という先人たちの熱い想いと取り組みがあった.それを振り返ることで,令和元年12月に公布となった「医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保に関する法律等の一部を改正する法律(令和元年法律第63号)」(薬機法)および「薬剤師法」の改正を基に,現在の薬剤師のおかれている状況と求められていることを再確認すると,そこには,薬物治療において常に薬剤師が関わることで,これまで以上に国民の健康増進に寄与することが求められる姿があると考える.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 13 favorites)

注目の方がまとめた総説 地域包括ケアシステムにおける存在感といっても、現在の課題が示されていないことに、今後が不安 【在宅薬学 2021.03.12早期公開】 薬剤師法成立までの経緯から読み解く現在の薬剤師のあり方 https://t.co/lVYJYVhLTH
かみや先生の執筆です:J-STAGE Articles - 薬剤師法成立までの経緯から読み解く現在の薬剤師のあり方 https://t.co/b1LEvV51D8

収集済み URL リスト