著者
岡田 努
出版者
一般社団法人 日本発達心理学会
雑誌
発達心理学研究 (ISSN:09159029)
巻号頁・発行日
vol.4, no.2, pp.162-170, 1993-11-10 (Released:2017-07-20)
被引用文献数
3

従来青年期の特質として記述されてきたものとは異なり, 現代青年は, 内省の乏しさ, 友人関係の深まりの回避といった特徴を示していると考えられる。こうした特徴は, 新しい対人恐怖症の型として注日される「ふれ合い恐怖」の特徴とも共通すると考えられる。本研究は, 「ふれ合い恐怖」の一般健常青年における現れ方 (ふれ合い恐怖的心性) を, 内省, 友人関係の持ち方, 自己評価間の関連から考察した。内省尺度・友人関係の深さに関する尺度を変量としたケースのクラスタ分析の結果, 3つの大きなクラスタが得られた。第lクラスタは内省に乏しく友人との関係を拒否する傾向が高く, 「ふれ合い恐怖的心性」を持つ群と考えられる。第2クラスタは内省, 対人恐怖傾向が高く自己評価が低い, 従来の青年期について記述されてきたものと合致する群であると考えられる。第3クラスタは自分自身について深く考えず友人関係に対しても躁的な態度を示し, 第1クラスタとは別に, 現代青年の特徴を示す群と考えられる。この群は自己評価が高く, 対人恐怖傾向については, 対人関係尺度の「他者との関係における白己意識」下位尺度得点以外は低かった。これらのことから, 現代の青年の特徴として, 自分自身への関心からも対人関係からも退却してしまう「ふれ合い恐怖的心性」を示す青年と, 表面的な楽しさを求めながらも他者からの視線に気を遣っている群が現れている一方, 従来の青年像と合致する青年も一定の割合存在することが見いだされた。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

青年期の特質調査で3つのクラスタが。内省に乏しく友人関係拒否傾向な群、内省と対人恐怖傾向が高く自己評価が低い従来型、内省が低く友人関係が躁的な態度で自己評価が高い群

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

J-STAGE Articles - 現代の大学生における「内省および友人関係のあり方」と「対人恐怖的心性」との関係 https://t.co/jn7lg88An8
“何 を しゃ べ って も空 虚 で あ りな が ら,饒 舌 か ら逃れ られ ない 若者の 生態 を記 述 して い る。こ の よ うに ,自己 の 内 面 へ の 関 心 の 低 トと,表 面的 な 友 人 関 係 とい… https://t.co/c9LLknKiuL

収集済み URL リスト