著者
Tadasu OYAMA
出版者
Japan Ergonomics Society
雑誌
The Japanese Journal of Ergonomics (ISSN:05494974)
巻号頁・発行日
vol.21, no.2, pp.57-64, 1985-04-15 (Released:2010-03-11)
参考文献数
22
被引用文献数
7 4

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 2 favorites)

@int_chanezumi 別に議論するレベルの話でもねーし俺は出来るお前は出来ないでいいよ別に https://t.co/QwnM6HNhqA すぐ出てこなかったからあとは自分で探してくれ
全格ゲーマー必読の論文みつけました めちゃめちゃ為になります https://t.co/82AihjauNG
これについて言及している文献を見つけた 選択肢の中から目的の物を見つけるまでにかかる時間は選択肢の項目の数の一次関数になるらしい 反応時間研究の歴史と現状 https://t.co/nGaKD2TDOk
1 1 https://t.co/UbDBQAlm7v
@Maoh777 若い人で平均12F、速くて10F https://t.co/7Sd1WIztXK 音に反応する方が見て反応するより速い https://t.co/D9Rv8rF1Of フライングの基準は0.1病 https://t.co/06ECTWtK6L らしいです

収集済み URL リスト