著者
中迫 勝
出版者
Japan Ergonomics Society
雑誌
人間工学 (ISSN:05494974)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.53-61, 1986-04-15 (Released:2010-03-11)
参考文献数
31
被引用文献数
1

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (12 users, 15 posts, 11 favorites)

やっとみつけた https://t.co/dtYg4rR0N4
https://t.co/Dz4d3Ri9EV
キーボードと人間工学って調べたら1986年の記事出てきてビビった こんな古くから研究されてたのか https://t.co/qqUWVF3sRd
中迫勝先生らの研究は、打鍵中も「前腕全体を支持」しておくことをすすめている。さいきんでも、David Rempel教授がこのスタイルをすすめている。 https://t.co/BYRS8OaoVK https://t.co/dgmF4VnNSJ
昼休みに前タイムラインに流れてきたキーボードの論文を読んだ キー配列に言及している所が勉強になる https://t.co/p90YMwxoWZ
日本語では、中迫先生の「キーボードの人間工学的設計」という論文があります。こちらは、だれでも無料でよめます。 https://t.co/BYRS8OaoVK
browsing: キーボードの人間工学的設計 https://t.co/c5ml27fI3w

収集済み URL リスト