著者
小塩 真司 岡田 涼 茂垣 まどか 並川 努 脇田 貴文
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.62, no.4, pp.273-282, 2014 (Released:2015-03-30)
参考文献数
34
被引用文献数
5 or 0

本研究では, 日本で測定されたRosenberg(1965)の自尊感情尺度の平均値に与える調査対象者の年齢段階や調査年の要因を検討するために, 時間横断的メタ分析を試みた。1980年から2013年までに日本で刊行された査読誌に掲載された論文のうち256研究を分析の対象とした。全サンプルサイズは48,927名であった。重回帰分析の結果, 調査対象者の年齢段階と調査年がともに, 自尊感情の平均値に影響を及ぼすことが明らかにされた。年齢段階に関しては, 大学生を基準として, 調査対象者が中高生であることが自尊感情の平均値を低下させ, 成人以降であることが自尊感情の平均値を上昇させていた。また調査年に関しては年齢層によって効果が異なっていた。中高生や成人においては最近の調査であるほど直線的に自尊感情の平均値が低下しており, 大学生では曲線的に変化し, 近年は低下していた。また件法が自尊感情得点の平均値に影響を及ぼすことも明らかにされた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 19 posts, 28 favorites)

メタ分析も過去にある資料の掘り起こしですね。論文の平均値を集めて時間横断的メタ分析をして,自尊感情が低下していることを見つけたときは面白かった(そうなるとは予想していなかったので)。 https://t.co/efPsXJCK7N
以前、共同研究者が別の人に自尊感情の時間横断的メタ分析の話をしたら「でも自分でデータ取っていないんでしょう」と言われたと聞いた。30年前のデータを自分でとるの?これがメタ分析への抵抗か。 自尊感情平均値に及ぼす年齢と調査年の影響 https://t.co/efPsXJCK7N
この話と日本人の自尊心低下の話(https://t.co/efPsXJl8Jd)と、繋げることできるかなあ。今の人で関連取ればいいけど、ナショナリズムを過去に遡って証拠を取れるか。 https://t.co/ponJxYuTsv
小塩真司・岡田涼・茂垣まどか・並川努・脇田貴文(2014). 自尊感情平均値に及ぼす年齢と調査年の影響 —Rosenbergの自尊感情尺度日本語版のメタ分析— 教育心理学研究, 62, 273-282. https://t.co/xyLrNvIkcV
JSTAGEでpdf化されたようだ→小塩他 (2014). 自尊感情平均値に及ぼす年齢と調査年の影響—Rosenbergの自尊感情尺度日本語版のメタ分析— 教育心理学研究, 62, 273-282. http://t.co/gyVPucVUji

収集済み URL リスト