著者
千島 雄太 水野 雅之
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.63, no.3, pp.228-241, 2015 (Released:2015-11-03)
参考文献数
36
被引用文献数
5 5

本研究の目的は, 大学入学前に持っていた複数の領域に渡る大学生活への期待と, 実際に経験した大学生活に関して探索的に把握し, 大学適応への影響について実証的に明らかにすることであった。文系学部の大学生84名を対象とした予備調査によって, 大学生活への期待と現実に関して探索的に検討し, それぞれ項目を作成した。続いて, 文系学部の新入生316名を対象とした本調査を行い, 探索的因子分析の結果, 大学生活への期待は, “時間的ゆとり”, “友人関係”, “行事”, “学業”の4つの領域が抽出された。対応のあるt検定の結果, 全ての領域において期待と現実のギャップが確認された。さらに, 大学環境への適応感とアパシー傾向を従属変数とした階層的重回帰分析を行った。その結果, “時間的ゆとり”と“友人関係”において, 期待と現実の交互作用が認められ, いずれにおいても現実得点が高い場合に, 期待得点はアパシー傾向と負の関連が示された。特に, 期待したよりも時間的ゆとりのある大学生活を送っている場合に, アパシー傾向が高まることが明らかにされ, 大学における初年次教育の方向性に関して議論された。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[学生支援][メンタルヘルス][初年次教育]

Twitter (8 users, 8 posts, 1 favorites)

入学前の大学生活への期待と入学後の現実が大学適応に及ぼす影響 ー文系学部の新入生を対象として ― https://t.co/VUgoP4e2EL
入学前の大学生活への期待と入学後の現実が大学適応に及ぼす影響 https://t.co/FIXMmdX1Zv
千島雄太・水野雅之(2015).入学前の大学生活への期待と入学後の現実が大学適応に及ぼす影響:文系学部の新入生を対象として 教育心理学研究,63,228-241.[PDF]https://t.co/PciEY5ALV5
#society #jounalistic #学び 入学前の大学生活への期待と入学後の現実が大学適応に及ぼす影響: 本研究の目的は, 大学入学前に持っていた複数の領域に渡る大学生活への期待と, 実際に経験した大.. https://t.co/yXGmIOcAPI
“入学前の大学生活への期待と入学後の現実が大学適応に及ぼす影響” https://t.co/Q7oIHExydg #学生支援 #メンタルヘルス #初年次教育
学生活への期待は時間的ゆとり、友人関係、行事、学業の4つ。4つすべてに期待と現実とのギャップが存在。期待したよりも時間的ゆとりのある大学生活を送っている場合に、アパシー傾向が高まる⇒入学前の大学生活への期待と入学後の現実が大学適応… https://t.co/0rXqBSbg6d

収集済み URL リスト