著者
依田 明 深津 千賀子
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.11, no.4, pp.239-246,256, 1963-12-30 (Released:2013-02-19)
参考文献数
17
被引用文献数
1 1 5

子どもの出生順位と性格特性の関係を明らかにするた. にめ, 2人きようだいの親子145組 (子どもは小学校4年~中学校2年に在学) を対象に質問紙によつて調査を行なつた。性格特性に関する (資料は,約50項目の行動に関する記述が, きようだいのどちらによりよくあてはまるかの相対的な判断を求めることによつて得た。その結果つぎのようなことが見出された。1. 長子は自制的, ひかえめ, 親切など, 次子は快活, 甘つたれ, 依存的などの性格特性を持つ。子どもの出生順位によつて親の役割り期待・子どもの役割認知が異なつている結果であることを暗示している。同時にに男子的性格, 女子的性格というものも存在している。2. きょうだいの年令差が2才~4才であるときに, きようだいの性格的差異はもつとも顕著にあらわれる。3. 日常生活において, きようだい同士が固有名詞で呼びあつている場合は, 次子が長子を普通名詞で呼んでいる場合よりも, 性格的差異の現われかたは有意に少ない。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

https://t.co/QIW4SZgqJ4

収集済み URL リスト