著者
詫摩 武俊
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.16, no.4, pp.237-240,254, 1968-12-15 (Released:2013-02-19)
参考文献数
17
被引用文献数
4 5

延べ組数にして543組のMZ, 134組のDZに集団式知能検査を実施した。どの知能検査の結果においても, またほとんどすべてのサブテストの結果においてもMZ間の相関はDZ間の相関より高く, 知能検査の成績を規定している機能に遺伝性が働いていることは疑い得ない。しかし, 遺伝性の強さは, サブテストの種類によって差があり, 一般に精神作用の速度をとくに必要とする問題, 言語記憶に関する問題, 計算に関する問題, 図形の空間的配置に関する問題では, 遺伝性係数が高く, これに対して過去の経験にてらして判断する問題では低かった。この資料は知能を構成する下位機能の特色について知る一つの手がかりであるが, このデーターの一義的な解決はまだ困難である。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (5 users, 5 posts, 1 favorites)

@Iam_Crabhouse 出典が弱いのわかる ちゃんとしたデータがないんだよねこれ 一応論文になっちゃうけど双生児法による遺伝性についての研究はちょこちょこある 双生児法による知能の遺伝性↓ https://t.co/eIfg6imBzI 言語脳活動の遺伝と環境の影響度↓ https://t.co/ZuxD6HyHrs がっつり脳科学だね
@isXBB1 @itagakishika https://t.co/P6XOl0q3mJ 日本語の論文探すのに苦労したわ
https://t.co/0DXY2SqMrf https://t.co/8RgVfhZQLe https://t.co/PJ3Qdihp6X
https://t.co/Z7A2IN88bb

収集済み URL リスト