著者
高田 利武
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.47, no.4, pp.480-489, 1999-12-30 (Released:2013-02-19)
参考文献数
23
被引用文献数
15 14

文化的自己観の個人への反映である相互独立性と相互協調性について, 日本文化での発達過程を探ることが本研究の目的である。既存の尺度 (高田他1996) に加え児童・生徒用尺度を作成した上, 児童期後期から老人期に亘る横断的資料により発達的変化を検討し, 更に日本人青年の相互独立性と相互協調性を西欧人青年と比較した結果,(1) 日本人青年は西欧人青年に比べ相互独立性が低く相互協調性は高く, 相互協調性が相互独立性を凌ぐ傾向が児童期から青年期を経て若年成人期まで見られる,(2) 相互独立性は小学校高学年から中学生にかけて低下するが, 若年成人期以降は一貫して上昇する,(3) 相互協調性は小学校高学年から中学生にかけて低下するが, 青年期には高い水準を維持した後, 成人期では減少し老人期で再び上昇する, という結果を得た。これらの知見から, 文化的自己観が自己スキーマに反映する際の2種の過程が示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

尺度を見ればいいと思う。 ■木内亜紀(1997) 「女子大学生とその母親の相互独立・相互協調的自己観 -- 質問紙法による形成要因と葛藤状況の比較検討」 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjep1953/45/2/45_183/_article/-char/ja/ ■高田利武(1999) 「日本文化における相互独立性・相互協調性の発達過程 ...

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

特に主体的・対話的で深い学びについて言及したつもりですが、特に義務教育段階では、女子の相互協調性は男子に比べて高い数値を出しているので、まずは女子を中心に組み立てていく方がより有効な学びにつながるのではないかと思いました。 https://t.co/vT4ZEgdCt4 https://t.co/3Vm5FOtp6j
読んでいる。 日本文化における相互独立性・相互協調性の発達過程比較文化的・横断的資料による実証的検討 https://t.co/vl3PhACykt

収集済み URL リスト