著者
高橋 麻衣子
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.55, no.4, pp.538-549, 2007-12-30 (Released:2013-02-19)
参考文献数
25
被引用文献数
3 2

本研究は, 黙読と音読での文理解に違いを生み出す要因を検討し, 黙読と音読の認知プロセスを明らかにすることを目的とした。認知プロセスにかかわる要因として (1) 読解活動中に利用可能な注意資源,(2) 黙読における音韻変換をとりあげ, 二重課題実験によって検討した。読解活動中に利用可能な注意資源の量を操作するために, 読解活動中に読み手にタッピング課題を課した。黙読における音韻変換の要因を検討するために, 読解課題中に読み手に構音抑制課題を課し, 音韻変換を阻害した。その結果, 音読での文の理解度は読み手の注意資源の量にかかわらず, 一定の成績を保てるのに対し, 黙読での文の理解度は, 読み手の注意資源が奪われると低下することが示された。また, 黙読において音韻変換が阻害されると, その理解度は常に音韻変換を行っている音読での理解度よりも低下することが示された。これらの知見から, 読み手に利用可能な注意資源の量と, 黙読で音韻変換を行うかどうかという要因が, 黙読と音読での理解度の差を生み出すことが考えられた。以上の結果から音読と黙読の認知プロセスモデルを提案し, これまで提出された多様な現象を統合的に説明できる可能性を指摘した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

☑先行研究では、音読と黙読のテキストによる理解度の差のみを示した。 ☑音読と黙読の理解度の違いを読解力を構成する要因から明らかにした。 高橋 麻衣子『文理解における黙読と音読の認知過程ー注意資源と音韻変換の役割に注目してー』 https://t.co/3dPJNigacG
☑黙読は読み手の利用可能資源量に依存するが、音読は依存しないため理解度に差が出る。 ☑低年齢児は黙読による音声変換が不十分なため、理解度の差が出る。 高橋 麻衣子『文理解における黙読と音読の認知過程ー注意資源と音韻変換の役割に注… https://t.co/235R0yDC6J

収集済み URL リスト