著者
伸隆 具志堅 かおり 唐沢
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.46, no.1, pp.40-52, 2007 (Released:2007-09-05)
参考文献数
30
被引用文献数
2

本研究は,情動的メッセージと反すう思考による説得プロセスを検証した。大学生277名が情動的なエピソードによって死刑制度の必要性を訴える情動的メッセージ,あるいは客観的な報告によってこれを訴える客観的メッセージを提示された。その後,実験参加者は態度評定に先立って,死刑制度に対する考えを記述するか(反すう思考群),死刑制度と無関連な事柄について記述するか(反すう妨害群),あるいは直ちに態度評定を行った(直後評定群)。その結果,死刑制度に関する反すう思考は,情動的メッセージ群においてのみ,態度変化を促進した。さらに,パス解析によると,情動的メッセージ群では情動的な思考によって態度変化が媒介されていたのに対し,客観的メッセージ群では認知的な思考によって媒介されていた。情動的メッセージの内容に関する反すう思考が態度変化を促進するメカニズムが議論された。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[PDF] 「情動的メッセージと反すう思考による説得効果」

Twitter (2 users, 5 posts, 1 favorites)

【実験社会心理学研究・掲載論文】伸隆具志堅・かおり唐沢(2007) 情動的メッセージと反すう思考による説得効果 https://t.co/5lTDY0dCY0
【実験社会心理学研究・掲載論文】伸隆具志堅・かおり唐沢(2007) 情動的メッセージと反すう思考による説得効果 https://t.co/5lTDY0dCY0
【実験社会心理学研究・掲載論文】伸隆具志堅・かおり唐沢(2007) 情動的メッセージと反すう思考による説得効果 https://t.co/5lTDY0dCY0
【実験社会心理学研究・掲載論文】伸隆具志堅・かおり唐沢(2007) 情動的メッセージと反すう思考による説得効果 https://t.co/5lTDY0dCY0

収集済み URL リスト