著者
原島 雅之 小口 孝司
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.47, no.1, pp.69-77, 2007 (Released:2008-01-10)
参考文献数
27
被引用文献数
1 2

従来,自尊心が高いことは望ましいこととされてきた。しかし自尊心が高いと,課題に失敗したときなどの自我脅威状況において,他者に攻撃的にふるまいやすいことが示されている(Baumeister, Smart, & Boden, 1996)。そこでJordan, Spencer, Zanna, Hoshino-Browne, & Correll(2003)は顕在的自尊心と共に,潜在的自尊心も合わせて考慮することによって,内集団ひいきなどのようなさまざまな防衛的な行動が明らかになると仮定した。結果,顕在的自尊心が高くかつ潜在的自尊心が低い人が,最も防衛的であることが示された。しかしながらそうした知見は,最小条件集団パラダイムによって実験的に作られた集団場面でのみ検討されたものである。そこで私たちの研究では,顕在的自尊心および潜在的自尊心が,現実に存在する集団に対しての内集団ひいきに及ぼす効果の検討を行なった。結果はJordan et al.(2003)と一致したものであった。しかしその効果は,場面によって異なることも示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 10 posts, 0 favorites)

【実験社会心理学研究・掲載論文】原島雅之・小口孝司(2008) 顕在的自尊心と潜在的自尊心が内集団ひいきに及ぼす効果 https://t.co/JYAOBiaIc6
https://t.co/L0IR3S2HTH
後で読む。 https://t.co/0LvPdgpE0O
【実験社会心理学研究・掲載論文】原島雅之・小口孝司(2008) 顕在的自尊心と潜在的自尊心が内集団ひいきに及ぼす効果 https://t.co/JYAOBiaIc6
【実験社会心理学研究・掲載論文】原島雅之・小口孝司(2008) 顕在的自尊心と潜在的自尊心が内集団ひいきに及ぼす効果 https://t.co/JYAOBiaIc6
https://t.co/HAHHVlDvaA 誰か読んで纏めて俺にデータくれ
https://t.co/QBbMIU73QF 今読んでるのはこれ
顕在的自尊心と潜在的自尊心が内集団ひいきに及ぼす効果 https://t.co/Mcp5NNyVIG

収集済み URL リスト