著者
山中 咲耶 吉田 俊和
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.51, no.1, pp.21-31, 2011 (Released:2011-08-30)
参考文献数
33

他者の面前や重要な場面において,思ったように能力を発揮できないことは,しばしば“あがり”と表現される。本研究では,“あがり”を緩和する状況要因として,面前の他者からのフィードバックと,個人差を示すパーソナリティ要因として特性的共感性に着目し,これらの要因が主観的感情体験と課題遂行に与える影響について検討した。その結果,課題遂行時に面前の他者からポジティブなフィードバックを知覚した遂行者は,ネガティブなフィードバックを知覚した遂行者よりも,主観的な“あがり”意識が低くなった。さらに,特性的共感性が高い人の方が低い人と比較して,ネガティブなフィードバックを知覚した際,主観的“あがり”意識がより高くなった。また,主観的な“あがり”意識の高低とパフォーマンス中の失敗数には,中程度の相関が示された。以上より,他者からのポジティブなフィードバックは,“あがり”の緩和効果を持つ可能性があることが示された。また,“あがり”が他者からの評価への意識と関連すること,さらに他者への意識だけでなく,他者からどれだけ影響をうけるかという個人特性,すなわち特性的共感性と深く関連した現象であることが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 6 posts, 0 favorites)

【実験社会心理学研究・掲載論文】山中咲耶・吉田俊和(2011) 特性的共感性があがり喚起状況における主観的感情体験と課題遂行に及ぼす影響―観察者のフィードバックに着目して― https://t.co/CW8kUfPkfs
【実験社会心理学研究・掲載論文】山中咲耶・吉田俊和(2011) 特性的共感性があがり喚起状況における主観的感情体験と課題遂行に及ぼす影響―観察者のフィードバックに着目して― https://t.co/CW8kUfPkfs
【実験社会心理学研究・掲載論文】山中咲耶・吉田俊和(2011) 特性的共感性があがり喚起状況における主観的感情体験と課題遂行に及ぼす影響―観察者のフィードバックに着目して― https://t.co/CW8kUfPkfs
【実験社会心理学研究・掲載論文】山中咲耶・吉田俊和(2011) 特性的共感性があがり喚起状況における主観的感情体験と課題遂行に及ぼす影響―観察者のフィードバックに着目して― https://t.co/CW8kUfPkfs

収集済み URL リスト