著者
黒川 雅幸
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.53, no.2, pp.93-107, 2014 (Released:2014-03-18)
参考文献数
30
被引用文献数
1

本研究では,もったいないと感じた後の認知,感情,行動の変化について明らかにすることが目的であった。研究1では,大学生171名を対象に質問紙調査を実施した。参加者の経験や場面想定法による評定から,もったいないと感じた後には,それと類似する出来事において,再びもったいないと感じないように行動の改善を図ったり,気をつけたりすることが多いことが明らかになった。さらに,研究2,3では,研究1で得られた結果を行動レベルで確認するための実験的な検討を行った。研究2では,大学生42名を対象にもったいないを情動特性として捉えた実験を行った。価値の損失および再利用・再生利用可能性の消失によるもったいない情動特性が高いほど,もったいないと感じないように行動することが明らかになった。研究3では,大学生45名を対象にもったいないを状態的感情と捉えた実験を行った。しかし,もったいない感情が喚起されても,もったいないと感じないようにする行動はみられなかった。さらに,研究4では,大学生42名を対象に,情動特性と状態的感情の両方から検討し,状態的感情の喚起がもったいないと感じないような行動を導くことを明らかにした。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 15 posts, 5 favorites)

【実験社会心理学研究・掲載論文】黒川雅幸(2014) もったいない感情の心的機能に関する研究 https://t.co/sOMElnflDj
【実験社会心理学研究・掲載論文】黒川雅幸(2014) もったいない感情の心的機能に関する研究 https://t.co/sOMElnflDj
【実験社会心理学研究・掲載論文】黒川雅幸(2014) もったいない感情の心的機能に関する研究 https://t.co/sOMElnflDj
【実験社会心理学研究・掲載論文】黒川雅幸(2014) もったいない感情の心的機能に関する研究 https://t.co/sOMElnflDj
【実験社会心理学研究・掲載論文】黒川雅幸(2014) もったいない感情の心的機能に関する研究 https://t.co/sOMElnflDj
【実験社会心理学研究・掲載論文】黒川雅幸(2014) もったいない感情の心的機能に関する研究 https://t.co/sOMElnflDj
【実験社会心理学研究・掲載論文】黒川雅幸(2014) もったいない感情の心的機能に関する研究 https://t.co/sOMElnflDj
【実験社会心理学研究・掲載論文】黒川雅幸(2014) もったいない感情の心的機能に関する研究 https://t.co/sOMElnflDj
1 1 https://t.co/CaD7L4KfTP

収集済み URL リスト