著者
鈴木 有美 木野 和代
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.54, no.2, pp.125-133, 2015 (Released:2015-03-26)
参考文献数
39
被引用文献数
1 or 0

本研究は,ウェルビーイングの検討において共感性を考慮する重要性に着目し,特に共感性の感情的側面である共感反応の他者指向性―自己指向性の違いに焦点を当ててウェルビーイングにおける差異を検討した。大学生210名を対象とした相関分析の結果から,他者指向的な共感反応傾向および社会的スキルの高い者ほど日常生活や対人関係で満足している一方,自己指向的な共感反応傾向が高く社会的スキルの低い者ほどディストレスの多い傾向が明らかとなった。また,他者/自己指向的な共感反応および社会的スキルにより分析対象者を4クラスタに分類し,ウェルビーイングの差異を検討した分散分析では,他者指向的な共感反応傾向が高く,自己指向的な共感反応傾向が低く,社会的スキルの高いクラスタのウェルビーイングが良好であった。これらにより,自身のウェルビーイングを維持するためには,社会的スキルが高いというだけでなく,他者指向的に共感すると共に自己指向的に共感しない重要性が示された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 6 posts, 0 favorites)

【実験社会心理学研究・掲載論文】鈴木有美・木野和代(2015) 社会的スキルおよび共感反応の指向性からみた大学生のウェルビーイング https://t.co/i5FOsJpuZG
【実験社会心理学研究・掲載論文】鈴木有美・木野和代(2015) 社会的スキルおよび共感反応の指向性からみた大学生のウェルビーイング https://t.co/i5FOsJpuZG
【実験社会心理学研究・掲載論文】鈴木有美・木野和代(2015) 社会的スキルおよび共感反応の指向性からみた大学生のウェルビーイング https://t.co/i5FOsJpuZG

収集済み URL リスト