著者
上原 俊介 中川 知宏 田村 達
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.54, no.2, pp.89-100, 2015 (Released:2015-03-26)
参考文献数
38

義憤(moral outrage)とは,ある出来事やそれに関与した人物の行動が道義に反しているという知覚によって引き起こされる怒りのことを指す。怒りの研究者たちはこれまで,道徳違反を目の当たりにしたときには義憤が喚起されると仮定してきた。ところが最近の研究によれば(たとえば,Batson, Chao, & Givens, 2009),怒りの喚起は自分(あるいは自分の同胞)が危害を加えられたときにしか確認されず,私憤(personal anger)が怒りの本質であると指摘する者もいる。そこで本研究は,公正に対する敏感さ(justice sensitivity)という人格特性に注目し,義憤とは正しさに過敏に反応する人たちにみられる制限的な感情反応ではないかと予測した。日本人参加者に対して架空の拉致事件に関する新聞記事を読ませ,そのとき感じた怒りの強さを答えさせた。その結果,どんなに公正に敏感な参加者でも,強い怒りは日本人が拉致被害の犠牲になったときにしか報告されず,私憤説に一致する証拠しか確認されなかった。こうした知見を踏まえ,本研究は,私憤がきわめて堅固な反応であるという可能性を指摘した。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (5 users, 5 posts)

"公正に敏感な参加者でも天怒りは日本人が…犠牲になったときにしか報告されず,私憤説に一致する証拠しか確認されなかった" →北朝鮮による拉致への怒りを韓国にぶつけるイミフな人が発生するのも宜なるかな(こなみ

Twitter (87 users, 89 posts, 129 favorites)

Retweeted oʞɐsɐ ɐɹnıɯ (@asarin):... https://t.co/1JYSnwbYSB
怒りは利己的なものでしかないと。「道徳違反を目の当たりにした時に義憤が喚起されるとしてきたが、怒りの喚起は自分が危害を加えられたときにしか確認されず,私憤が怒りの本質である」→「怒りの利己性:公正敏感さは怒りの道徳感を誘起するか」https://t.co/r6BZGxEp8w
怒りの利己性:公正敏感さは怒りの道徳感を誘起するか https://t.co/9LbFuIsJ8K
https://t.co/TYNoNJ5MpW このことに関係してそう。 https://t.co/Lw6aejG9UB
義憤とは,ある出来事やそれに関与した人物の行動が道義に反しているという知覚に引き起こされる怒り。怒りの喚起は自分が危害を加えられたときにしか確認されず,私憤が怒りの本質。義憤とは正しさに過敏に反応する人たちにみられる制限的な感情反応 https://t.co/TexvVx8DjT
https://t.co/xTGAm8Y7ub あとよむ
私憤と義憤の研究は東北大の上原さんが熱心にやってる.この辺もこないだの公正世界信念とかと近くて社会的に関心をひくテーマ.例えば「怒りの利己性:公正敏感さは怒りの道徳感を誘起するか」:https://t.co/fqEv9aP809

収集済み URL リスト