著者
堀口 康太 御手洗 尚樹
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.59, no.2, pp.89-106, 2020 (Released:2020-03-10)
参考文献数
54

本研究は,自律的-統制的動機づけの観点から再雇用高齢労働者の就労動機づけを測定する尺度を作成し,動機づけと職場要因との関連を検討することを目的として実施された。まず,再雇用高齢労働者に対する聞き取り調査を通して,暫定版就労動機づけ尺度を作成した。次に,暫定版項目と職場要因から構成される質問紙調査を実施し,再雇用高齢労働者1,130名(Mages=62.02歳,SD=1.97,range=60–77;男性95.0%(n=1,074),女性4.2%(n=48),無回答0.7%(n=8))を有効回答として分析を実施した。探索的因子分析(最尤法・プロマックス回転)の結果,就労動機づけ尺度は「内発・貢献・自己発揮」,「獲得・成長」,「経済的安定」,「活動性維持」の4因子34項目から構成され,前者2つが自律的動機づけ,後者2つが統制的動機づけとして位置づけられ,併せて尺度の信頼性および妥当性が検討された。重回帰分析によって職場要因との関連を検討したところ,職場におけるコミュニケーションや上司と業務の評価を確認する機会等の人的な職場環境が自律的動機づけと正の関連を示した。したがって,再雇用高齢労働者の自律的動機づけの維持・向上には,職場における人間関係を中心とした人的な職場環境を整備することが有用であることが示唆される。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

再雇用高齢労働者の就労動機づけ尺度の作成および 関連要因の検討 動機づけ尺度いっぱいあるな。 https://t.co/KmXmVxJuIc
堀口・御手洗(2020)実社心研 再雇用高齢労働者の就労動機づけ尺度の作成および関連要因の検討 https://t.co/utuWAEnfWE 自律的-統制的動機づけの観点から再雇用高齢労働者の就労動機づけを測定する尺度。 「内発・貢献・自己発揮」,「獲得・成長」,「経済的安定」,「活動性維持」の4因子34項目

収集済み URL リスト