著者
沓澤 岳 尾崎 由佳
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
pp.1709, (Released:2019-05-22)
参考文献数
25

本研究では,セルフコントロールがトレーニングによって向上するかを検討し,また新たなトレーニングの開発を行った。具体的には,スマートフォンの使用を控える,五分前行動をする,ハンドグリップを握る,日記を書く(統制)のうちいずれかのトレーニングに取り組む4条件に124名の参加者をランダムに割り当て,13日間のトレーニングを行う前後でセルフコントロールの測定(ストップシグナル課題)の成績がどう変化するのかを調べた。その結果,五分前行動を行ったグループでストップシグナル課題の指標において改善がみられた。この結果により,自動的な反応の抑制を繰り返し行うことでセルフコントロールを向上させうることが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 11 posts, 8 favorites)

【実験社会心理学研究・掲載論文】沓澤岳・尾崎由佳(2019) セルフコントロールのトレーニング法の開発とその効果検証 https://t.co/klfSbJ7MmA
J-STAGE Articles - セルフコントロールのトレーニング法の開発とその効果検証 https://t.co/129Xh4DdpK
『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 沓澤 岳, 尾崎 由佳 セルフコントロールのトレーニング法の開発とその効果検証 https://t.co/RT5uw6sH7N
沓澤ほか(2019)実験社会心理学研究 - セルフコントロールのトレーニング法の開発とその効果検証 : https://t.co/vuZa4w0e7d #miteru

収集済み URL リスト