著者
酒井 明子 渥美 公秀
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
pp.1824, (Released:2019-10-29)
参考文献数
37
被引用文献数
1

本研究は,災害という大きな困難に直面した被災者が新たな安定状態を回復する過程に着目した質的研究である。災害時の心理的ストレスは,単線的な心理的回復過程が暗黙のうちに前提とされている。しかし,今日の大規模な災害による被害の甚大さや避難所・応急仮設住宅の設置期間の長期化等は,大切な家族や住み慣れた家を失い生きる意欲を失った人々や自力で生活展望を考えることが困難な高齢者の孤立死や自殺,閉じこもり問題を加速化させており,心理的回復過程も長期化し複雑さを増していると考える。そこで,本研究では,東日本大震災後7年間の心理的回復過程を被災者の語りから分析した。その結果,被災者の心理的変化の特徴は6つのパターンに分類された。また,心理的回復過程には,潜在的な要因及びストレスを慢性化させる要因が影響していた。そして,個々の被災者の心理的変化ラインの時間軸を重ね合わせた結果,1年目,4年目,7年目の回復過程には調査回によって異なる特徴が見出せた。これらの結果を踏まえ,慢性化する可能性のあるストレスを抱えた被災者の長期的な心理的変化と影響要因について論じた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (12 users, 15 posts, 8 favorites)

J-STAGE Articles - 東日本大震災後の被災者の心理的回復過程―震災後7年間の語りの変化― https://t.co/PoG3rTwevq 卒業研究をやってた時以来にJ-STAGEにアクセスしました(^^; 件の映画の考察をするために論文を読んでみましたが、「住環境の変化による影響」はキーかもしれません。
【実験社会心理学研究・掲載論文】酒井明子・渥美公秀(2020) 東日本大震災後の被災者の心理的回復過程―震災後7年間の語りの変化― https://t.co/9P5yqbX6hK
【実験社会心理学研究・掲載論文】酒井明子・渥美公秀(2020) 東日本大震災後の被災者の心理的回復過程―震災後7年間の語りの変化― https://t.co/9P5yqbX6hK
以下の論文が早期公開されたました。ぜひご一読ください。 原著 酒井明子・渥美公秀 東日本大震災後の被災者の心理的回復過程 ―震災後 7 年間の語りの変化― DOI: https://t.co/9P5yqbX6hK

収集済み URL リスト