著者
舘野 泰一 中原 淳 木村 充 保田 江美 吉村 春美 田中 聡 浜屋 祐子 高崎 美佐 溝上 慎一
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学会論文誌 (ISSN:13498290)
巻号頁・発行日
vol.40, no.1, pp.1-11, 2016-06-20 (Released:2016-06-17)
参考文献数
27

本研究では,大学での学び・生活が就職後のプロアクティブ行動にどのような影響を与えているかを検証するために質問紙調査を行った.本研究の特徴は2点ある.1点目は縦断調査という点である.近年,大学教育において「学校から仕事への移行」に関する調査研究は増えてきているが,その多くは振り返り調査という限界があった.2点目は,就職後のプロアクティブ行動に着目した点である.プロアクティブ行動とは,個人の主体的な行動のことであり,近年大学教育で議論されてきた「主体的な学び」の成果に関連が深い.しかし,これまでその影響について検証されてこなかった. 共分散構造分析を行った結果,1.授業外のコミュニティを持っている学生,2.大学生活が充実している学生ほど,就職後にプロアクティブ行動を行っていることが明らかになった.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[トランジション][学生]

Twitter (4 users, 4 posts, 2 favorites)

#society #jounalistic #学び 大学での学び・生活が就職後のプロアクティブ行動に与える影響: 本研究では,大学での学び・生活が就職後のプロアクティブ行動にどのような影響を与えているかを検証す.. https://t.co/3N92XlL2Ol
“大学での学び・生活が就職後のプロアクティブ行動に与える影響” https://t.co/bZXBtrqoXB #トランジション #学生
「松下( 2015)が指摘する「能動的学習を目指す授業のもたらす受動性」が関連すると考えられる.松下( 2015)は,アクティブラーニングを取り入れた授業では,活動が構造化され,学生を活動に参加させる力が強く働くことで,かえって学… https://t.co/LQaNNqixXt

収集済み URL リスト