著者
森 裕生 網岡 敬之 江木 啓訓 尾澤 重知
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学会論文誌 (ISSN:13498290)
巻号頁・発行日
vol.41, no.4, pp.415-426, 2018-03-01 (Released:2018-03-16)
参考文献数
20

大学教育における学期を通した振り返り活動を促進するために,学生個人の各授業回と学期末の理解度の自己評価点の「ずれ」に着目し,「ずれ」の理由を記述させることで振り返りを促す「時系列自己評価グラフ」を開発した.本研究では大学授業2実践を対象に,学生が作成した時系列自己評価グラフを質的に分析した.その結果,(1)全体として学期末の自己評価点が各授業回の自己評価点より10点程度低い「ずれ」が生じること,(2)学生は「ずれ」を認識することで,学期を通して学習内容を関連付けた振り返りや,理解不足だった内容についての振り返りを行ったことなどが明らかになった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

@DaybreakLotte そうですね、教育工学系の授業での個人的な経験です。井上先生の授業はきちんとフィードバックやスライドごとに参考資料が沢山あったので非常に満足しましたが。https://t.co/NyJpcZIuer 一応この自由記述が該当するかもしれません。
各授業回と学期末の自己評価の「ずれ」に着目した学習内容振り返り手法の開発と評価 https://t.co/0HL6GBpjs7

収集済み URL リスト