著者
稲垣 俊介 和田 裕一 堀田 龍也
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学会論文誌 (ISSN:13498290)
巻号頁・発行日
vol.41, no.Suppl., pp.089-092, 2018-03-01 (Released:2018-03-01)
参考文献数
8

対人依存欲求が高校生のインターネット(以下,ネット)利用の性差に及ぼす影響ついて検討した.ネット利用に関する項目として,ネットの利用時間やその利用内容,例えばLINE のトーク数やグループ数,Twitter のツイート数やアカウント数,ゲームの利用時間,さらにネット依存傾向の高低を調査対象とし,それらと対人依存欲求との関連を検討した.その結果,女子はネット利用と対人依存欲求に関連がみられたが,男子は特にその関連がみられなかった.これらの知見から,ネットでコミュニケーションを取る相手への態度や向き合い方に男女間で質的な違いがみられることが,高校生のネット利用やネット依存傾向の性差につながっている可能性が示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

【文献情報】 稲垣俊介・和田裕一・堀田龍也 (2018). 高校生における対人依存欲求とインターネット利用の性差との関係 日本教育工学会論文誌, 41(Suppl.), 089-092. https://t.co/6Xb1ECxsLA
J-STAGE Articles - 高校生における対人依存欲求とインターネット利用の性差との関係 https://t.co/tJjkpAMgHj
高校生における対人依存欲求とインターネット利用の性差との関係 https://t.co/s5QBl8hp7A この論文面白かった。

収集済み URL リスト