著者
福山 佑樹 山田 政寛
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学会論文誌 (ISSN:13498290)
巻号頁・発行日
vol.42, no.3, pp.201-210, 2019-01-20 (Released:2019-02-02)
参考文献数
42

高等教育を取り巻く状況が変化するに従って,アクティブラーニングという概念が注目されるようになった.アクティブラーニングとは非常に広範な活動を含む概念であり,それ故にその実践においては,目的が曖昧になることや,評価が難しくなるなどの課題がある.本稿では,日本教育工学会に採録された教育実践研究論文の中から,高等教育におけるアクティブラーニング実践研究を対象として,その特徴を「育成したい能力・知識」,「授業デザイン」,「評価」のそれぞれと三者のつながりという観点から検討する.そしてこれらの検討から浮かび上がる,今後の高等教育におけるアクティブラーニング実践研究に対する展望を述べる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

Prospect of Practical Research on Active Learning in Higher Education https://t.co/bXYD4BMvde #WednesdayWisdom @MyBRCConline
J-STAGE Articles - 高等教育におけるアクティブラーニング実践研究の展望 https://t.co/vYfEnFY3xB
高等教育におけるアクティブラーニング実践研究の展望 福山 佑樹, 山田 政寛 https://t.co/jAGtQNeSR5

収集済み URL リスト