著者
高橋 薫 保坂 敏子 宇治橋 祐之 我妻 潤子
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学会論文誌 (ISSN:13498290)
巻号頁・発行日
pp.S42066, (Released:2018-10-04)
参考文献数
7

学習者の多様化が進む日本語教育では,多様な学習者の個人差を保管する一つの手法として,反転授業への関心が高まっている.しかし,反転授業では,デジタルコンテンツを自作することに対する技術的なハードルや,教材をLMS などにアップロードする際に生じる著作物利用の許諾申請など,著作権に関する心理的なハードルもあり,二の足を踏んでしまう人も多い.そこで,他者との対話を通して体験的に著作権を学ぶ,ワークショップ形式の著作権セミナーを開発した.セミナーの前後で質問紙調査を実施したところ,著作権に対する理解が進み,ワークショップ形式の参加型のセミナーが肯定的に評価されたことがわかった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 6 favorites)

@aya_nihongo 以前、早稲田大学で日本語教員を対象とした著作権セミナーあり参加しました。勉強になりました。https://t.co/lAWyS57hnN 9月7日こまつなの会で同じ講師の方が「映像メディアを授業に取り入れるときの留意点」をお話しされますよ。

収集済み URL リスト