著者
西田 圭吾
出版者
一般社団法人日本衛生学会
雑誌
日本衛生学雑誌 (ISSN:00215082)
巻号頁・発行日
vol.68, no.3, pp.145-152, 2013 (Released:2013-09-28)
参考文献数
53
被引用文献数
1 2

Zinc (Zn) is essential for normal cell structure and physiology. Its deficiency causes growth retardation, neuronal degeneration, and immunodeficiency. Zn homeostasis is tightly controlled through Zn transporters and metallothioneins, which regulate Zn concentration and Zn distribution in individual cells, and contributes to Zn-binding protein in cells. Although many molecules involved in these processes have Zn-binding motifs, the molecular mechanisms underlying the role of Zn in the immune system have not been clarified. Recently, we and other groups have demonstrated that Zn plays diverse and specific roles in vivo and in vitro, in studies on the genetic knockout of Zn transporter functions. In this review, we discuss the impact of Zn on mast cell-mediated allergy and T cell-mediated immune responses. We also describe Zn dysregulation as a leading health problem in allergy and immune responses.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 14 posts, 19 favorites)

「亜鉛欠乏により,免疫系,神経系,内分泌系の異常を呈する」「200種以上の酵素がその活性化に亜鉛を必要とされていることや,多くの亜鉛結合性の転写因子やシグナル伝達分子が存在し,これら亜鉛要求性の蛋白質構造になんらかの異常をもたらす… https://t.co/RzG20QJc36
亜鉛は IL-6/STAT3 シグナル伝達経路を抑制することにより炎症性疾患の発症を抑制している。 https://t.co/4A5gqpHpxQ https://t.co/XDgwjMgUo9
「副腎摘出手術を施したマウスでは亜鉛欠乏による胸腺萎縮が軽減された」とあるので、亜鉛不足での胸腺の萎縮、免疫力低下は、ステロイドホルモンの分泌量増加による影響だと。 https://t.co/4A5gqpHpxQ
亜鉛製剤であるプロマックを潰瘍性大腸炎誘発マウスに投与すると,臨床症状が改善されることが報告されている。亜鉛投与マウスでは炎症組織での好中球浸潤,炎症性サイトカインの産生が抑制されていた。亜鉛が免疫システムに作用して,炎症疾患を抑… https://t.co/uFl4kqDGrw
炎症、薬、添加物、食事制限他の影響で、亜鉛の吸収が低下してしまう可能性が高い、潰瘍性大腸炎やクローン病の患者さんは、免疫に関係し、著しく免疫低下や感染症を引き起こす亜鉛欠乏に注意した方がいいのかも知れません… https://t.co/QWsLQlHEU5
ここまで分かった亜鉛の免疫システムにおける役割 https://t.co/4A5gqpHpxQ

収集済み URL リスト