著者
小清水 敏昌
出版者
日本薬史学会
雑誌
薬史学雑誌 (ISSN:02852314)
巻号頁・発行日
vol.55, no.2, pp.194-202, 2020 (Released:2021-01-28)

目的:1895(明治 28)年の「喘息煙草説明書」の記載事柄について調査し,また喘息煙草の来歴,使用方法や売薬の制度なども調査した. 方法:国立国会図書館,東京大学医学図書館,たばこと塩の博物館などにおいて関係文献を調査した. 結果:緒方洪庵の息子達(次男:惟準,三男:惟孝)および小林謙三(適塾生)の 3 人が喘息煙草に関与していた.次男は軍医であり喘息煙草を考案し,三男は薬舗主となり「喘息煙草説明書」を作成した.謙三は内務省から許可された喘息煙草を自店で製造販売した. 結論:喘息煙草の材料は印度大麻草であり,初版の日本薬局方から同エキス剤と共に収載.同チンキ剤は第三版から収載された.3 製剤は戦後の第六版日本薬局方で削除されたが,わが国では 66 年間大麻製剤が収載されていた.Cannabis 製剤が約 150 年前の江戸時代から日本で使用されていたことは特筆すべきことである.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (29 users, 31 posts, 122 favorites)

明治初期に市販された「喘息煙草」を巡る史的考察 https://t.co/6Zaf8zJUGz
明治初期に市販された「喘息煙草」を巡る史的考察*1 - J-Stage 小清水 敏昌 https://t.co/wULx6Bw6PO https://t.co/scIr7ko4Lt
@tekkenoyaji @ManWood01123840 https://t.co/5OC1YUG2v4
阪大作りました、緒方洪庵先生の息子さんが日本にthcを持ち込んだ元祖らしい。笑 インド大麻ね https://t.co/9sE3l68BZL https://t.co/E3arBCUGp6
https://t.co/XJzO3xhULS このブログでも印度大麻が普及していたわけではないという結論に https://t.co/4Ix4qKZwIr こっちも面白い GHQ以前は大麻喫煙し放題でハッピーって結論にはならないな。
https://t.co/TrG7Cg9icM なお、日本では大麻を使った改良バージョンもあったらしい。全部置き換えなのか、配合なのかまでは分からず。 喘息を口実に吸いまくってた人がいたという記述もあり、大麻の割合のが多いものもあったのかな? まあ、少なくともチョウセンアサガオよりは遥かに安全だから…
薬として吸う、なら資料ありますけど嗜好品としての資料は、、、よくわからないみたいです。 ちなみに明治にインド大麻を輸入し広めた人は大阪大学の原型を作った医者、緒方洪庵の息子さんです。 https://t.co/KpVLUvMQWP https://t.co/8tu1JRGHtD https://t.co/BuuRblqFV2
J-STAGE Articles - 明治初期に市販された「喘息煙草」を巡る史的考察 https://t.co/ccn932wXmE
「喘息煙草」が売薬として 日本の内務省から承認されたのが 1881(明治14)年。 https://t.co/lxNYaa8R0s https://t.co/DAQVjACaQ1
@Ft8WADNvjVhPkwu @robert_dynasty @HERBCAT1 @jpage27081855 嗜好大麻の証拠は記録ないんじゃないか?インド大麻の導入経緯なら論文化されてるから興味あればどうぞ 明治初期に市販された「喘息煙草」を巡る史的考察 https://t.co/Hkea5zQCBX

収集済み URL リスト